オサの雑記

レポとかを中心に書いてきます。

まんがタイムきららフェスタ2017に行ってきました。

6月ももうそろそろで終わり。

もう1年の折り返しだと思うとなんだかアレ。

 

今回はそんな中、二日前に開催されたまんがタイムきららフェスタ2017のレポを書いていきたいと思います。
f:id:osa_kirara:20170627093426j:image

(今回の主催者様)

 

ちなみに自分はきららフェスタは今回で3回目の参加となります。(2015年から。きららフェスタ自体は2014年から開催されています。)

 

 

 

物販

物販の列形成が始まったAM7:00頃はあいにくの雨模様。

ちなみに去年の物販はAM6:00からだったのですが今年はAM7:00からでした。

 

今回は雨という天気、また事前物販があったので列の並び具合は去年の半分ぐらいでした。

(そのお陰で屋根の下に入れて傘をささずに済みました。)

 

元々はAM10:00から物販が始まる予定でしたが、雨ということもあり30分前にスタート。

 

ちょうどAM7:00頃に現場に来て並び始めた自分はAM10:30頃に無事に買えました。

 

その後は周りで時間を潰したり何なりして

昼の部の開演を待ちました。

 

 

 

 

昼の部レポ

ここからはイベントのレポを。

 

今年のテーマは遊園地

今回の参加作品は

ご注文はうさぎですか?(チマメ隊)

・NEW GAME!

うらら迷路帖

サクラクエスト

の4つが個別にコーナーがあり、朗読や今後の展開と言った内容をやっていました。

 

ブレンド・S

・ゆるキャン△

・スロウスタート

こみっくがーるず

の4作品は新作コーナーとしてコーナーとしてはひとまとまりになっていました。

 

それではイベの時系列にそってレポを書いていきます。

 

 

 

 

OP

いつものきらら作品のキャラが開演前の注意事項を行い、カウントダウンのVTRが流れ、カウントダウン終了後に作品ごとにキャストさんが入ってきてイベントがスタート。

 

今まできららフェスタのMCは各作品のキャスト陣から選出し、それによってイベントを進行していたのですが、今回は総合司会ということで大久保瑠美さん(ゆゆ式のゆずこ役)東山奈央さん(きんモザのカレン役)が務めることに。

 

毎年きららフェスタは時間が押しているということもあり、OPの各キャストの挨拶は簡単にするようとの要請で例年より早く済みました。

(去年は1時間も押してたとのこと。)

 

 

OPで気になったことは、まずサクラクエストチームの登場の仕方。

人類の進化をイメージとした登場の仕方はMCからも突っ込まれてました。

 

そして破天荒で有名な村川さん(通称:りえしょん)は挨拶は簡単にという通達があったおかげか、かなり普通に挨拶がすんなりと終わりました。

これにはMCも村川さんを褒め褒め。

 

また、今回の参加作品で茅野さんはごちうさ、NEW GAME、うららに出ていますがNEW GAME!チームでの参戦でした。

 

こうして登場と挨拶が済んだところで、各作品のコーナーへと移っていきました。

 

 

 

 

サクラクエスト

 最初のコーナーはサクラクエスト

 朗読劇の内容は、リアル脱出ゲームで「チュパカブラくんを救出せよ!」というもの。

 

チュパカブラくんの着ぐるみが倉庫に脱ぎ捨ててあったり、メカチュパカブラくんが登場したりとなかなかハチャメチャな内容でした。

 

ここでの朗読劇で個人的に印象に残ってたのは次の二つ。

 

まず一つ目は小松さんのカメラ芸。

ステージ向かって左にモニターに映し出すカメラを持ってるカメラマンさんがいたため、ちょうど一番左に立っている小松さんが時々カメラに向かってキメ顔をしていました。

(本人曰く、自分の立ち位置だと横顔で頬のラインしか映らないためそうしたとのこと。)

 

二つ目はメカチュパカブラくんの後にメカ由乃が登場したシーン。

 「マタ、オイノリサレタ…」(無論、就活の際に送られてくるお祈りメール=不採用通知のこと)

と機械声で繰り出されるせつない響きが会場の笑いを引き起こしていました。

(でも就活中の人から見たら現実すぎて笑えないのかも…)

 

 

朗読劇が終わったあと、コミカライズやアニメの円盤の告知、イベントの紹介等をして次のコーナーにバトンタッチしました。

 

 

 

 

うらら迷路帖

朗読劇の内容は花やしきに遊びに来た!」というもの。

うららは春頃にちょうど浅草花やしきとコラボをしていたのでそのご縁なのかも。
f:id:osa_kirara:20170627112940j:image
f:id:osa_kirara:20170627113001j:image

(↑はその時の写真)

 

「新しいことでとことん楽しめ!」という何処からか飛んできた謎の指令の元、4人が色々なことをやりました。

(ちなみにニナ先生は朗読劇には登場しませんでした。)

 

ここでの朗読劇で個人的に印象に残ったのは次の二つ。

 

一つ目は朗読劇では珍しい観客を巻き込んだシステム。

小梅が「パチパチ占い」という占いのもと、会場全体で拍手をするというもの。

あくまで拍手は人としてはなく、空気中に漂う分子という設定でした。

 

二つ目は求愛の声。

パンダカーに乗るのが恥ずかしいという紺に対し、「求愛の声を出したら恥ずかしくないよ!!」とまさかのことを言い出す千矢。

天然痴女by小梅が言ったがごとく、突飛なことを言い出す千矢に引きずられ、ここで4人が求愛の声を出すことに。

 

求愛の声を出す毎に、会場から「かわいいよ!」とガヤが飛んだりとなかなかのカオス。

紺が4人のうちで最後に「こんこんこーーん!!」と求愛の声を出すとここで会場がシーン…っとなり、ここでどっかの変なオタクが大声でシャウト。

紺が「鳥が一羽飛んでいったわね…」とフォローし、そこで会場は爆笑に包まれました。

 

ちなみにパンダカーというのはこんな感じのもの。(花やしきで撮影。)

これに乗りながら求愛の声を出していると考えるとなかなかのシュール。
f:id:osa_kirara:20170627114758j:image

 

 花やしきをめいいっぱい楽しんだ紺には花やしきの招待券一年分」が贈与されました。

こうして朗読劇は幕を閉じましたが、何処から誰が指令の手紙を飛ばしてきたのかは謎のままに。

(夜の部で明かされたのだろうか…)

 

この後はサクラクエストと同じく、原作やアニメの円盤、イベントの紹介をして次のコーナーへとバトンタッチをしました。

 

 

 

 

新作コーナー

ここで紹介されたのは今後アニメを放送することが決まった4作品。

総合MCの大久保さんと東山さんが出てきて作品の紹介を行いました。

 

 

まずはブレンド・S

ここではメインキャストや出来たてほやほやの新しいPVが紹介されました。

 

ここでシークレットゲストとして、苺香役の和氣あず未さんが登場。

ドSなセリフを披露して会場を沸かせました。

 

 

続いてはゆるキャン△

ここでは新ビジュアルとメインのキャストが発表されました。

(やけに現地での紹介の際の音楽が壮大でした。)

 

なんとキャストの一人はMCの東山さん

キャストは誰かな?

→デレデレデレ…

→ハイ!私です!

の流れは現地で見てて「おーっ♨」となりました。

 

もう一人のキャストは、きららアニメだと「あんハピ♪」の「花小泉杏」を演じた「花守ゆみり」さん。

(公式のツイートだとこの順番ですが、現地では東山さん→花守さんの順番に紹介されました。)

花守さんはVTRで出演。

所々入るテロップが面白かったです。

 

 

お次ぎはスロウスタート

(入場した際に貰いました。)

 

おたふく風邪のせいで高校浪人をするハメになった主人公が、それを周りに隠しながら学生生活を送るという、可愛い絵柄からは中々想像出来なさそうなストーリー。

ちなみにこちらはキャストさんは発表されませんでした。

 

 

最後はこみっくがーるず

つい先日にアニメ化が発表されたのにいきなりPVが流れて現地でびっくりしました。

映像もなかなか出来てるのに放送時期もメインキャストも不明。

今後の展開が楽しみです。

 

 

 

 

作品別対抗戦

ここで作品ごとのコーナーはちょっとお休み。

ここでは作品ごとにキャスト陣が別れてゲームに挑むという作品別対抗戦が行われました。

 

チマメ隊は人数調整のため、NEW GAME!チームから茅野さんを補充。

NEW GAME!チームからは「裏切り者〜!」と声を挙げられていました。 

 

 

最初のコーナーは「観覧車型お絵描きしりとりゲーム」。

それぞれの作品名、例えばごちうさなら「ご注文はうさぎですか?」の「か」を最初に、その「か」が頭に付くものをボードに絵として描いていき、最終的に作品名の頭文字(この場合は「ご」)に繋げられるように絵でしりとりをしていくというもの。

(ちなみに濁音、半濁音は取り除いてもOKというルール。)

 

一番速く描き終わり、かつちゃんと全部しりとりができていた場合は150pt、全部出来ていたら100pt、途中でしりとりが出来ていなくても、出来ていたところまで10pt×個数というものでした。

 

 

ここでは各チームごとに特徴がはっきりと出ていました。

・一番やばいところかと思いきや、茅野さんがいるお陰でまともに見えるけどやっぱりところどころ怪しい「ごちうさ」チーム。

・優等生で絵も綺麗、描き終わるのも一番速かった「うらら迷路帖」チーム。

・スーツを着てるのに絵の知能指数が一番低かった「サクラクエスト」チーム。

・リハで0点をとった、もはや芸人枠の「NEW GAME!」チーム。

 

個人的でここで気になったことをいくつか。

まず、水瀬さんの絵がやばい。

水瀬さんは「カビ」の絵を描いたのですが、それを知らずに見ると「ナンジャコリャ」となるような凄まじい絵に。

「カビ」ということを知ってから見ると確かに見えなくもありませんでした。

(アンパンマンのかびるんるんを想像してもらうとわかりやすいかも。)

 

そして、サクラクエストチームはまさかの便器(サクラクエスト→トイレ)を描くという事態に。

トイレの次はレバー(丸く円を描いて中に斜線を引いたもの)という、レバーと言われなきゃわからないような絵を描いたりとかなりのもの。

絵が簡素すぎてMCもツッコミを入れてました。

(それでもうらら迷路帖チームには速さで負けていた)

 

NEW GAME!チームは、ボードにまさかの音や鳴き声、文字数のヒントを入れる暴挙に。

さすがリハで0点のチーム。

「だから茅野がいないとダメだって言っただろ!」by日笠さん

 

結局NEW GAME!チーム以外はなんやかんやでしりとりが繋がっていたため、うらら迷路帖チームが150pt、ごちうさサクラクエストチームが100pt、NEW GAME!チームは0ptでこのゲームは終わりました。

 

 

最後のゲームは「キャスト当てクイズ」。

各チームから選出された一人が、幕で身体を隠し、変声機で声を変え、パペットで演技をして、その様子を見て残されたチームのメンバーが誰がなんの役を演じているのかを当てるクイズでした。

 

自分のチームから出たキャストを当てられたら50pt、他チームは10pt、全部当てられたら150ptというものでした。

 

各チームから選出されたのは

・ウシ→日笠さん

・サル→原田さん

・トラ→村川さん

ウサギ→小松さん

のメンバー。

 

始まる前からウシがダレて下を向いてたり、ウサギがトラの上に乗っかって激しくマウンティングしていたり、トラも負けじと応戦したりとかなり危ない光景に。

「未成年の子も来てるんだよ!!」by総合司会

 

MCが「きららフェスタに出演した感想は?」と質問を投げかけると、ウシ(日笠さん)は「えっ、今なんか言った?」とまさかの聴き逃し。

二回目も言ったのも聴き逃し、MCに呆れられパスされました。

サル(原田さん)は至極真っ当な受け答え。この時点でうらら迷路帖チームは正体に気づいていたとのこと。

トラ(村川さん)とウサギ(小松さん)は相変わらずふざけ合いながらの回答。

トラは「ガウガウガウ〜」とまさしくトラになりきっていたために回答が不明に。

 

(役柄的には一番危なそうな原田さん=千矢役がまともで他が全部ヤバいってどういう事なの…)

 

「アフレコをする時に気にしていることは?」という問いには、ウサギ(小松さん)が「お尻を見ることですかね~?」といったりと相変わらず下ネタ全開。

やっぱり原田さんだけまとも。

 

こうして演技コーナーが終わって各チームが答えを出すものの、なんと全チームとも答えの組み合わせが一緒に。

結局全チームとも150ptを獲得して作品別対抗戦が終了しました。

 

優勝したうらら迷路帖チームには商品として、きららフェスタをイメージしたデコレーションケーキが贈呈されました。

(夜の部はどこのチームが勝ってどんな商品を貰ったのか気になる…)

 

 

 

 

ご注文はうさぎですか?

今回の朗読劇は「チマメ隊、遊園地に行く」。

(なんかタイトルがサザエさんっぽい。)

 

絶叫系が苦手なチノを振り回しながら遊園地を満喫するマヤとメグ。

ジェットコースターに乗った一行が次に乗るのは「RABBIT CHRONICLE」という最新鋭の技術を駆使したリアル4DのVRライドアトラクション。

(↓エイプリルフールネタのやつ。現在は見れません。こっちだとCHIMAME CHRONICLE。)

ジェットコースター乗り場にティッピーを置き去りにしたことに気づくものの、後で迎えに行けばいっか理論でそのまま乗車。

 

絶叫系が苦手なチノでもこの最新鋭の技術を駆使したアトラクションには大興奮。

 

もう一回乗りたいと言い出したチノに対し、次に二人が乗ろうと言い出したのは「リアルお化け屋敷」。

まさに脱兎のごとく、その場から逃げ出したチノを二人が追いかけて、無事(?)お化け屋敷を3人で満喫して朗読劇は終了しました。

 

ここでの朗読劇で自分の印象に残ったのは次の二つ。

 

まず一つ目は徳井さんのアドリブ。

上記のVRアトラクションに乗る際、ここでディズニーのキャストさんのモノマネを披露。

「安全バーをしっかり下げてくださ〜い♪」

「黄色い紐をしっかり引っ張って見せてくださ〜い♪」

 「それでは、行ってらっしゃい〜♪」

などと、ディズニーに行ったことのある人になら伝わるであろうことをかなりの早口でいきなり披露。

 

帰ってきてからは

「お帰りなさ〜い♪」

「安全バーが上がるので両手を上げてくださ〜い♪」

など調子も変わらずにイントネーションも真似て完璧に披露。

会場では大きな笑いが起きてました。

(この人、台本に載ってないことを喋りまくってる…by水瀬さん)

 

ディズニーに行ったことある人なら思わず笑ってしまうそんなアドリブでした。

(ディズニーマニアで知られる新谷さん=”ひだまりスケッチで沙英役を演じている”がいたら反応が見れて面白かったなぁとちょっと思ってたり。)

 

二つ目はりえしょん

うまくは言い表せないけどやっぱり凄い。

朗読劇中にりえしょんの素の声が出たときは、

チノ「りえしょんさん!?」

メグ「そんな人知らないよ〜?」

とのやり取りも。

 

過去のきららフェスタのごちうさの朗読劇は高校生組が必ずいたため、今回のような内容は結構新鮮でした。

 

 

ごちうさコーナーでの告知内容は気になる劇場版OVAの情報について。

その情報がきららフェスタ内で解禁されました。

(他の作品の情報とは違い、公式Twitterで発表されたのは夜の部終了後。そのため昼の部参加者は夜の部参加者の楽しみを奪わないよう、お口チャックをお願いされていました。)

 

劇場版OVA11/11公開。(うん、覚えやすい。)

公式いわくぴょんぴょんの日とのこと。

公開まであと4ヶ月とちょっと。いまから楽しみですね。

 

 

 

 

NEW GAME!

作品別のコーナーの最後はNEW GAME!。

朗読劇の内容は、コスプレをしてその職業の体験ができるテーマパークにやってきたというもの。

「要するにキッ○ニアだね!」byはじめ先輩

 

青葉が選んだ服はナース服。

注射をする際のセリフから相変わらず漂うSっ気ぷり。

 

ひふみ先輩が選んだ(選ばされた)のは魚屋さん。

魚屋の真似の際、普段のひふみ先輩からは想像ができないセリフとハリのある言葉が出てきてスタジオは大爆笑。

 

はじめ先輩が選んだのは特撮のヒーロー服…と思いきや職業はスタントマン

「10mの高さから飛び降りてみたり、車に轢かれてみ〜?」といつも通りゆんに弄られるはじめ先輩。

 

ゆんさんが選んだのはスーツで職業はウエディングプランナー

八神さんとりんさんの挙式を開いたときには会場からヒューヒューの声が。

戸田さんが桜Trick?」と途中で呟いていたのは面白かったです。

(戸田さんは桜Trickでゆず役として出演)

 

そんな八神さんも、りんさんの「和装と洋装どっちが似合うかな…」という問いかけに対し、

「りんなら何を着ても似合うよ。」と返したりと割と2人とも満更でもない様子。

 

最後は青葉が

「明日からまた月曜日!お仕事頑張るぞい!」

といって朗読劇をしめました。

 

 

 

ここでも印象に残った点は二つ。

 

一つ目は去年との対比。

去年もNEW GAME!はまんがタイムきららフェスタに参加しており(おまけに放送前)、朗読劇やライブを披露していました。

 

去年は戸田さんや茅野さんという経験者がいたものの、初々しさと不慣れな印象がちょっとありましたが、今年は2月のNEW GAME!のイベントやその他の作品で経験を積んだのからか、テンポがよかった気がします。

 

ただしかし、ここでもちょっと面白いトラブルが。

竹尾さんが台本で今何ページ目なのか朗読劇中にわからなくなってしまい、

「どこやったかなぁ〜?」とあたふたしてる時に茅野さんがそこで

「11P目よ♪」と言った時に会場で笑いが。

NEW GAME!の朗読劇ではトラブルが起きる決まりでもあるのだろうか…

(詳しくは2月のイベのレポを参照。)

 

二つ目は日笠さんの存在。

日笠さんがいたおかげで朗読劇の面白さがかなり増していた気がしました。

 

青葉(高田さん)が着替えるために服を脱ぐ際にババッ(服を脱ぐ効果音を声に出した)と言った際、

「今ババアって言っただろ!」と日笠さんがツッコミ。

この流れに便乗してひふみ先輩(山口さん)も着替える時に控えめにババッと、はじめ先輩(戸田さん)はおもっくそにババァ!といい日笠さんに追いかけられる。

ゆんさん(竹尾さん)はバババババ…と排気音みたいに連呼。

 

日笠さんいわく、4人はキタエリ(しずくさん役の喜多村英梨さん)に毒されてしまったとのこと。

でもそういうネタを引き出すために身を張る日笠さんは上手いなぁと思ってました。

 

 

告知コーナーは夏から始まる二期について。

本日発売(6/27)された最新巻の6巻についてもバッチリ宣伝していました。

 

 

 

LIVEコーナー

ここで全ての作品のコーナーが終わり、皆さん待望(?)のLIVEコーナー。

 

披露された曲は

1.夢路らびりんす(らびりんず)

2.ぴょん'sぷりんぷるん(チマメ隊)

3.ときめきポポロン(〃)

4.SAKURAスキップ(fourfolium)

5.STEP by STEP UP↑↑↑↑(〃)

の5曲。全てフル。

STEP by STEP UP↑↑↑↑は2期のOPで今回が初披露&初フル。

(去年はSAKURAスキップをフルで初披露していました。)

 

夢路らびりんす

「どっち~?」→「こっち~!」

というやり取りや、チマメ隊ライブがあったので会場全体が息があってたようなチマメ隊の2曲、fourfoliumの曲が初披露でもなんなく合わせてくる会場の人たちの熱気は何かとすごかったです。

(fourfoliumは去年のことを思い出しました。)

 

 

 

まさかの発表

これで全コーナーが終わり、「ああもうお別れの時間かぁ」と思った矢先、ここでMCから発表がありますといわれ会場がスクリーンに注目。

そこで発表されたのはまさかのきららオールスターのソーシャルゲーム

デザインが原作者書き下ろし、メインキャラのデザインはうめ先生黒田bb先生、そしてコンセプトデザインはきゆづきさとこ先生と、きららファンにはたまらないものになりました。

 

そして自分は何より、ゆのっちトオルの新規ボイスを聞けたことが何よりも嬉しかったです。

(公式サイトのキャラ紹介に載ってるので是非。)

リリースは今年中。ソシャゲは自分はあまりしないのですが(一時期は微課金でかなりやってた時期もありましたが)、何だかやりたくなってきました。

 

 

 

 

ED

こうしてイベントはEDへ。

例年ならキャストさん一人一人が挨拶をするものの、時間短縮のため今回は作品を代表してそれぞれ一名ずつという形に。

例年よりスパッと締まり、

まんがタイムきらら〜?」

「「「フェスタ〜〜〜!!!」」」

のいつもの掛け声でまんがタイムきららフェスタ2017昼の部は幕を閉じました。

 

終わったあとのアナウンスではチノ(水瀬さん)が八神さん(日笠さん)にババッ…という自体に。

作品の枠を超えた瞬間でした。

 

 

 

まとめ

相変わらず今年もまんがタイムきららフェスタは楽しかったです。

また今回は時間のため冒頭と最後が前より簡略化されていましたが、自分としてはスパッと締まってたのでダルみもせず良かったなぁという印象でした。

 

今回も片方の部のみの参加でしたが、来年は両方の部に参加してみたいなぁと思っていたり。

とりあえずきらら作品の今後の動き、また、まんがタイムきららファンタジアの動きにも注目していきたいですね。

 

気になったことといえば種田さん。

ごちうさの上映日も決まったし、きららファンタジアでキャストさんの中に名前が載っているので、そろそろ復帰かな?と思っていたり。

早く種田さんの元気な姿を見たいですね。ずっと待ってます。